読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東日本住宅株式会社のブログ

東日本住宅株式会社の公式ブログです。不動産に関する情報を発信します。よろしくお願いいたします。

★「管理組合」とは(管理費、修繕積立金について)

こんにちは、東日本住宅株式会社です。

 

今回はマンションを購入した後に
毎月支払うことになる、管理費・修繕積立金について
書こうと思います。

 

f:id:tonichi2:20161028101330j:plain

 

マンションを購入した場合
購入金額を支払って終了、というわけではなく
ほとんどの場合は、管理費・修繕積立金という名目で
お金を毎月支払うことになります。

 

恥ずかしながら、私もマンションを購入するまでは
「これで、賃貸の時みたいに
 毎月お金を払わなくても良いんだー!」
(ローンは毎月支払っていますが、、、(笑))

と思っていたものです。

 

ですので、マンション購入の際に
毎月のローン返済額を考える場合
これら管理費・修繕積立金も考慮に入れる必要があります。

 

支払う金額は建物の大きさ、築年数、場所などで異なりますが
合わせて少なくとも2万円以上は覚悟した方がよいようです。

 

私のマンションは自主管理なので
管理費・修繕積立金を合わせても
一か月15,000円行かないぐらいです。

 

管理費はマンションの共用部分の保守・修理など
(廊下の蛍光灯を取り替えたり
エレベーターの点検をしたり
管理人・管理会社などにお金を払ったりする。)
に充てられます。

 

修繕積立金は主に十数年に一回行われる大規模な修理(大規模修繕)
のために、毎月皆さんからコツコツと集めているお金です。

 

管理費・修繕積立金の金額は必ずしも少なければよい
というわけではなく
普段からある程度の金額を徴収していないと
いざというとき(建て替えや大規模修繕)のときに
お金が足りず、修繕積立金の臨時徴収や極端な値上げなどが
発生してしまいます。

 

ですので、現在修繕積立金をどれぐらい徴収しているか?

管理組合が現在いくら貯金しているか
などの情報はとても重要になってきます。

 

中古マンションを購入する場合は
大規模修繕などが計画的に行われ
不足金額が発生していないか?
などを調べることは大変重要だと考えます。

 

これらの情報は、不動産の営業かマンションの管理組合
に問い合わせることにより得ることができます。