読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東日本住宅株式会社のブログ

東日本住宅株式会社の公式ブログです。不動産に関する情報を発信します。よろしくお願いいたします。

★住みよさランキングとは?

こんにちは、東日本住宅株式会社です。

 

今週、「住みよさランキング」と言うものが発表されました。
「住みたい街ランキング」は良く耳にしますが、
【住みよさ】とはどういったものなのか?
気になったので調べてみました。


「住みよさランキング」とは
東洋経済新報社という会社が毎年出しているランキングです。
総務省など公的機関の情報を元にして、以下の5点の観点から
評価し、ランキングを出しています。

・「安心度」:病院、老人ホーム、保育所などの人口当たりの施設数
・「利便度」:スーパーや百貨店などの人口当たりの面積、販売額
・「快適度」:下水道などの普及率、公園の人口当たりの面積など
・「富裕度」:その都市の人口当たりの税金収入額など
・「住宅水準充実度」:住宅の面積、持ち家比率

 

これらを基準にして出てきたランキングは、「住みたい街ランキング」と
大きく異なり、あまり聞きなれない街が沢山存在します。

 

その中で千葉県印西市が5年連続で1位となっています。
印西市とはいわゆる「千葉ニュータウン」があるところです。

 

千葉ニュータウン外観


都心に比べ、物件の価格が安く
千葉ニュータウン中央駅周辺には
イオンなどのショッピングセンターがあり、
買い物にも大変便利な地域です。

学校、図書館、病院などがすぐ近くにあり、大きい公園も存在し

家族連れなどに大変よい環境が整っております。

 

千葉ニュータウン周辺の公園

 


加えて、北総線が走っており京成電鉄、都営浅草線、京浜急行電鉄
相互直通運転が実施されており、都心へのアクセスが大変便利です。

 

難点をあげるとすれば、北総線の運賃が高いことです。
千葉ニュータウン中央駅から隣駅の小室までが、片道303円。
千葉ニュータウン中央駅から北総線終点の京成高砂までが、片道759円
となっています。

 

物件を購入する際に、こういったランキングも
参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

東日本住宅株式会社でも、印西市の物件を数多く取り揃えております。

よろしければ、ご覧になってください。

www.higashinihonjutaku.co.jp

 

東洋経済オンライン 「住みよさランキング2016」